山形ゼロエネルギープロジェクト
ここにサブタイトルを入力

山形ゼロエネルギープロジェクト


昔の人たちは、ごく自然にエコな暮らしを営んでいました。夏に涼しく、冬は暖かい

パッシブデザインな「木の家」で。ところで、パッシブデザインって、一体何のことでしょう?

パッシブデザインとは、エアコンなどの機械を使わず、「自然エネルギー」を

そのまま利用して、快適な家づくりをしようとする設計思想・設計手法のことを言います。

「自然エネルギー」それは、太陽の光、熱、そして風のこと。 それらの力を上手に

活用することで、地球にやさしく、そして健康的な暮らしができます。

そんなパッシブデザインの手法を取り入れて、郊外や都市部といった立地にかかわらず、

家の建て方を工夫することで、快適でエコな暮らしを実現します。

そして住宅における光熱費を創エネ(太陽光発電など)により実質ゼロに

することができる住宅それが、山形ゼロ・エネルギーハウスプロジェクト(YAMA-ZERO)です。

資料:山形SW会YAMA-ZEROより


-ZEHビルダー登録-

この度、有限会社佐藤建築工房は、

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の

ZEHビルダーに登録し高断熱・高気密

を数値化しお客様にわかりやすく

ゼロエネルギーハウスの説明を行い、

光熱費エネルギーの理解を高め普及に努めます。

2016年4月から2020年までの弊社の

目標(ZEH,Nearly ZEHの受給率)を公表致します。


数値目標

2016年度 20%

2017年度 20%

2018年度 30%

2019年度 40%

2020年度 50%